ニコレットで禁煙を始めよう

ニコレットを使って禁煙を始めてみましょう。ニコレットには貼るタイプの薬剤とガムタイプの2種類があります。どちらも禁煙補助剤ですので、自分に合ったタイプをお使いください。では、ニコレットにはどのような効果があるのか説明していきます。

ニコレットの画像

ニコレットの効能と服用法

タバコの煙には、4000種類以上の化学物質が含まれており、その中の200種類以上は有害作用があります。喫煙は、様々な病気のリスク要因となります。タバコの煙を吸うと、発ガン性物質がのどを通って肺に入り、全身へと運ばれていきます。1日の喫煙本数が多い人ほど、肺がん死亡リスクが高まります。禁煙することで、病気になるリスクを抑えることができるのです。また、タバコは、口腔への影響も大きいです。特に歯周病とは深い関係があります。喫煙する女性は、喫煙の習慣がない女性に比べて、妊娠率が低いという報告があります。また、タバコを吸うと、末梢血管が収縮するため、皮膚の血流量が低くなります。タバコの煙の活性酸素は、コラーゲン繊維の合成を妨げるため、肌にも良くないのです。タバコの害がわかっていても、タバコを吸うのを止められないのは、依存のせいです。タバコへの依存を克服するには、いくつかの方法があります。そのひとつが、ニコチン置換療法です。禁煙補助剤のニコレットを使用すると、無理なく禁煙を成功させることが可能です。ニコレットを噛むことで、離脱症状を軽くして、イライラを抑えていきます。禁煙がつらいのは、最初の1週間です。禁煙を始めると、1日後には一酸化酸素が消失し、2日後にはニコチンが消失します。禁煙を始める時には、日記などに記録すると、モチベーションが上がります。ニコレットは、正しく噛むことでタバコを吸いたい気持ちをコントロールします。1回1個を30分から60分かけてゆっくりと噛むのがコツです。入れ歯を入れている人は、ニコレットガムが入れ歯に付着して脱落の原因となるケースもあるので、歯科医に相談してから使用した方が安心です。

ニコレットで本当に禁煙できるの?

禁煙補助薬として以前から禁煙治療においても持ちられてきたのがニコレットであり、医療において用いられるということからきっと禁煙を実現することができるだろうと信じる人も多くなっています。しかし、本当に禁煙ができるのかということを疑問に思ってしまう人も多いのが事実でしょう。その真相は本人の意志の強さに大きく依存すると言わざるを得ません。あくまで禁煙を補助するための薬であるのがニコレットであり、禁煙に苦労している人の助けになるだけであって、喫煙の魅力に負けてしまう意志の弱さがあると禁煙は実現できないと言わざるをえないのです。そのため、ニコレットによる禁煙プログラムが提供されているものの、その注意書きとして、禁煙開始の前に禁煙の意思を固めましょうということが記載されています。ニコレットによって実現できるのは煙草に含まれているニコチンに対する依存症を煙草への依存からニコレットへの依存へと切り替えることができるというものであり、煙草を嫌いにする効果があるわけではありません。煙草を吸うことの魅力の一つをニコレットに置き換えることによって禁煙を行いやすくすることができるというのが仕組みです。ニコチン依存症になっている人にとってはこういった補助薬がないと禁煙できない場合がほとんどであり、少しずつ煙草を減らしていくといった工夫を長期間にわたって行っていかなければなりません。しかし、ニコレットを使用すれば明日にでも煙草をやめるということも意志さえ固ければ実現することができます。そのため、あくまで補助薬であるということを前提にして考えることが大切であり、強い意志をもってすれば禁煙を妨げるものが減るという理解をしておくことが大切です。

ニコレットに副作用はないの?

ニコレットとは、禁煙する際に使用する製品です。薬局やドラッグストアで販売されているのを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。タバコを吸いたいと思ったときにニコレットを噛むことによって、ニコレットの錠剤からニコチンが放出されるので、タバコを吸いたいという気持ちを静めるという効果があります。禁煙をしている時には、どうしてもイライラしてしまったり、集中力がなくなってしまったりする症状が出ますが、そんな時にニコレットを噛むことによってそのような症状を緩和して、禁煙を成功させやすくします。しかし、ニコレットを使用するにあたって、副作用が起こるのが心配だという人もいるのではないでしょうか。主な副作用としては、ごくまれに、口の中が荒れたり、のど、あごが痛くなるなどの症状が出ることがあります。また、げっぷやしゃっくり、吐き気が増加する、体の力が抜けるという症状が現れる人もいますが、副作用が起こる頻度は少ないと言えます。しかし万が一このような副作用が出た場合には、すぐに医師に相談することが大切です。重い副作用を防ぐためにも、他のニコチン製剤を使用している人や、妊娠している人、心臓病やうつ病などの病気を持っている人などは使用していはいけません。また、それ以外にも現在他の薬を服用している人や、持病がある場合などは、ニコレットを使用する前に医師に相談しましょう。また、決められた用量・用法を守ることが大切です。一度に多く使いすぎてしまったりすると、副作用が起こるリスクが上がります。ニコレットは、正しく使うことによって禁煙に大きな効果を発揮します。正しい使い方を守って、ニコレットで安全に禁煙をしましょう。